未経験ITエンジニアのキャリアプランはどうする?目指せるキャリアも紹介

未経験ITエンジニアのキャリアプランについて知りたい

「未経験からITエンジニアを目指したいけど、キャリアプランが分からない」「キャリアプランを考える上で誰に相談したら良いのか分からない」このようなお悩みを抱えていませんか?

未経験からITエンジニアを目指すためには、まずはキャリアプランを明確にすることが大切です。キャリアプランを明確にすることで目標が決まり、転職活動を進めやすくなります。

この記事では、未経験からITエンジニアを目指す上でのキャリアプランの考え方と、キャリアプランの例をご紹介します。

また、キャリアプランを考える上で、悩んだ際に相談できる相手も紹介しているため、ぜひ最後までご覧ください。

目次

未経験の方は自分が何のITエンジニアになりたいか決める

未経験からITエンジニアを目指す方の中には、どのようなキャリアプランがあるのか分からない方も多いと思います。

ITエンジニアは、主に以下の2つに分けられます。

  • 開発系エンジニア
  • インフラ系エンジニア

開発系エンジニアやインフラ系エンジニアには、以下のような種類があります。

職種仕事内容
開発系エンジニア
システムエンジニアシステム全体の設計や構築、運用など
WebエンジニアWEbアプリケーションやWebサイトの設計や開発など
アプリケーションエンジニアスマホアプリの設計や開発など
組み込みエンジニアデバイスや電子機器に埋め込まれているソフトウェアの設計や開発など
インフラ系エンジニア
ネットワークエンジニアネットワークの設計や構築、管理など
サーバーエンジニアサーバーシステムの設計や構築、管理など
データベースエンジニアデータベースに関わるシステムの構築や運用など
クラウドエンジニアクラウド上のシステムの設計や構築、運用など
セキュリティエンジニアシステムやネットワークのセキュリティを確保するための設計や実装、監視など

ITエンジニアの種類を把握することで、目指す方向をイメージしやすくなり、ITエンジニアとしてのキャリアプランが立てやすくなるでしょう。

ITエンジニアの種類について、以下で詳しくみていきましょう。

開発系エンジニアを目指す

開発系エンジニアは、ソフトウェアやシステムの開発をするITエンジニアです。

主な開発系エンジニアとその仕事内容は、以下のとおりです。

システムエンジニアシステム全体の設計や構築、運用など
WebエンジニアWebアプリケーションやWebサイトの設計や開発など
アプリケーションエンジニアスマホアプリの設計や開発など
組み込みエンジニアデバイスや電子機器に埋め込まれているソフトウェアの設計や開発など

開発エンジニアは、クライアントの要望を聞き取り、システムを開発や設計に携わるITエンジニアの総称です。

システム開発の流れは「要件定義→設計→製造→テスト」の4つに分かれており、開発エンジニアは要件定義と設計を担当します。

具体的には、クライアントの要望を理解し、システムが何をできて、何ができないのかの要件を決定します。

また、システムの構成や処理内容を設計し、プログラミングの指示書となる設計書を作成する仕事です。

インフラ系エンジニアを目指す

インフラ系のITエンジニアは、システムの基盤となるITインフラの設計・構築・運用・保守を担当するITエンジニアです。

主なインフラ系エンジニアとその仕事内容は、以下のとおりです。

ネットワークエンジニアネットワークの設計や構築、管理など
サーバーエンジニアサーバーシステムの設計や構築、管理など
データベースエンジニアデータベースに関わるシステムの構築や運用など
クラウドエンジニアクラウド上のシステムの設計や構築、運用など
セキュリティエンジニアシステムやネットワークのセキュリティを確保するための設計や実装、監視など

ITインフラとは、システムを動かすためのハードウェア(サーバー・ストレージ・ネットワーク機器など)やソフトウェア(OS・ミドルウェア・データベースなど)を指します。

インフラ系エンジニアは、これらのITインフラを適切に設計・構築・運用・保守することで、システムの安定稼働を支える仕事です。

近年は、クラウドやIoTなどの技術革新や働き方改革の推進などにより、ITシステムの需要が拡大しています。

2019年に経済産業省が調査した「IT人材需給に関する調査」では、2030年には約79万人ものIT人材の不足が予測 されています。

それに伴い、インフラ系エンジニアの需要も高まっており、人手不足が続いている状況です。

そのため、専門的な知識やスキルは必要ですが、未経験者でも転職しやすい傾向にあります。

ITエンジニアの方が目指せるキャリアプランの例

ITエンジニアは、一度就職してしまえば、それ以降のキャリアプランが固定されてしまうようなイメージがあるかもしれません。

しかし、実際にはITエンジニアになってからも、さまざまなキャリアプランがあります。

ITエンジニアのキャリアプラン例として、以下の4つをご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

スペシャリストになる

スペシャリストとは、特定の分野において知識やスキルを極めた人材のことです。

ITエンジニアの場合、Webエンジニア・サーバーエンジニア・データベースエンジニア・セキュリティエンジニアなど、さまざまな分野のスペシャリストが存在します。

スペシャリストになるためには、以下のスキルや経験・姿勢が求められます。

  • 特定の技術や分野に特化した専門的知識やスキル
  • 自己学習や資格取得などを通じて、常にスキルアップを図る姿勢
  • 新しい技術やトレンドをキャッチアップする姿勢

スペシャリストを目指す場合、特定の技術や分野に特化し、深い専門知識とスキルを身につけることが重要です。

そのためには、日々の業務で経験を積み、自己学習や資格取得などを通じて常にスキルアップを図る必要があります。

スペシャリストになると、特定の分野の専門家として、自分の知識やスキルを活かして顧客やチームに貢献することが求められます。

スペシャリストは、現場で活躍しつつ、特定の分野で専門性を高めたい方におすすめのキャリアプランのひとつです。

マネージャーになる

ITエンジニアのマネージャーは、チームメンバーが力を発揮し、プロジェクトを成功に導くためにサポートをする仕事です。

ITエンジニアとしての知識やスキルももちろん重要ですが、メンバーをまとめるマネジメント力や問題解決能力も求められます。

マネージャーになるためには、以下のスキルや経験が求められるでしょう。

  • ITエンジニアとしての知識やスキル
  • マネジメント力
  • 問題解決能力
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション能力

マネージャーを目指す方は、日々の業務でリーダーシップを発揮する機会を増やしたり、マネジメントに関するスキルや知識を身につけたりする姿勢が大切です。

また、プロジェクトマネジメントやリーダーシップに関する資格を取得することも、マネージャーを目指す上で近道となるでしょう。

ITエンジニアのマネージャーは、将来的に人材育成や経営側に興味がある方におすすめのキャリアです。

ジェネラリスト(ゼネラリスト)になる

ジェネラリストとは、特定の分野に特化せず、幅広い知識やスキルを身につけた人材のことです。

ジェネラリストになるためには、以下のスキルや経験が求められます。

  • ITエンジニアとしての知識やスキル
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション能力
  • 柔軟性
  • リーダーシップ

Webエンジニアやサーバーエンジニアなどのスペシャリストは、特定の技術分野に特化した知識やスキルを身につけています。

一方、ジェネラリストは、複数の技術分野やビジネス全般に関する知識やスキルを身につけています。

ジェネラリストは、プロジェクト全体の統括やマネジメント、顧客との折衝など、さまざまな業務を担います。

ジェネラリストとして活躍するためには、ITエンジニアとしてのスキルに加えて、ビジネススキル・コミュニケーション能力・柔軟性など、幅広いスキルが必要です。

ジェネラリストは、特定の分野に特化せず、幅広い分野で活躍したい方におすすめです。

フリーランスになる

フリーランスとは、会社に所属せず、個人で仕事を受注し業務を行う働き方です。

フリーランスになるためには、以下のスキルや経験が求められます。

  • 特定の技術分野に関する専門知識やスキル
  • プロジェクトマネジメントや営業などのビジネススキル
  • コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアは、特定の企業やプロジェクトに縛られることなく自分のスキルや経験を活かして、さまざまな企業やプロジェクトで活躍できるITエンジニアです。

自由に仕事を選択できますが、仕事の獲得や請求などの事務作業も自分で行う必要があるため、仕事の管理やスケジュール調整に注意が必要です。

仕事を安定して受注するためにも、会社やスクールでスキルを身につけてからフリーランスとして独立し、自分のスキルをアピールできるポートフォリオを作成しておきましょう。

フリーランスエンジニアは、特定の技術分野に特化したスペシャリストと同様に、現場で活躍し続けたい方や収入アップを目指したい方、働き方を自分自身で決めたい方におすすめです。

未経験からITエンジニアを目指す方のキャリアプランの考え方

未経験からITエンジニア転職を目指す方は、ITエンジニアになってからのキャリアを描くのは難しいかもしれません。

そのため、キャリアプランの考え方を紹介します。

ITエンジニアの働き方を把握する

ITエンジニアにはさまざまな種類があり、ITエンジニアの種類によっても、企業によっても、それぞれに異なる働き方があります。

例えば、ITエンジニアの雇用形態として、正社員や派遣社員、業務委託(フリーランス)のようにいくつかの種類に分けられますが、正社員の場合、会社と直接雇用契約を結ぶため、会社の一員として長く安定的に業務を行うことができます。

一方、派遣社員の場合は、派遣先の会社でITエンジニアとして働きますが、さまざまなプロジェクトに携わりつつ、働く場所や時間などが選択しやすい特徴もあります。

また、業務委託(フリーランス)エンジニアなら、クライアントから業務を委託されて働く雇用形態で、より自由な働き方が実現でき、能力次第では高額な報酬を得ることも可能です。

自分が理想と考える働き方から逆算をして、ITエンジニアとしてのキャリアプランを考えるのも1つの手でしょう。

必要な知識やスキルを把握する

ITエンジニアは、仕事内容によって必要なスキルが異なります。

例えば、Webエンジニアを目指す場合は、HTML・CSS・JavaScript・Pythonなどのプログラミング言語や、Webフレームワーク・データベース・サーバの知識が必要です。

未経験の方がITエンジニアとしてのキャリアプランを立てる上では、現在、自分が興味のある分野やエンジニアの種類は何になるのか、そこからその分野で必要な知識・スキルについて調べておきましょう。

目標を立て行動する

いつまでにキャリアプランを実現させたいのかスケジュールを立てると、目標を達成するための道筋が明確になり、学習の進捗状況も把握しやすくなります。

目標や具体的なスケジュールを立てて行動することは、キャリアプランを実現させるために欠かせないステップです。

目標を立ててモチベーションを維持し、自分に合った方法で知識やスキルを身につけていきましょう。

5年後や10年後にどうなりたいか考える

ITエンジニアとしてキャリアアップしていくためには、5年後や10年後にどうなりたいかを考えることが大切です。

上記の「ITエンジニアの方が目指せるキャリアプランの例」でも紹介したように、エンジニアのキャリアプランにはさまざまな選択肢があります。

例えば、スペシャリストを目指すなら特定分野の技術を極め、ジェネラリストを目指すなら幅広い知識や技術を身につけることが必要です。

そのためには、具体的にどのようなITエンジニアを目指すのか考え、足りないものや求められる知識を把握してください。

ITエンジニアのキャリアプランを考える際のポイント

ITエンジニアとしてキャリアアップしていくためには、長期的なキャリアプランを立てることが重要です。

キャリアプランを考える時のポイントをご紹介します。

業界のトレンドに注目する

ITエンジニア業界は、技術革新や市場の変化が激しく、トレンドの変化が早い業界です。

そのため、キャリアプランを考える際には、業界のトレンドにも注目してください。例えば、近年では、AI・IoT・ビッグデータなどの技術が急速に進歩しています。

また、近年では、働き方改革やDXの推進などによって、企業内におけるITの活用がさらに拡大している傾向です。

そのため、あらゆる業種でITの知識やスキルを身につけたITエンジニアが求められています。

業界のトレンドを把握しておけば、将来的に需要が高まる技術やスキルを身につけられ、キャリアアップのチャンスにもつながるでしょう。

悩んだ時は専門家に相談する

ITエンジニアのキャリアプランを考えるのは、経験や知識がないと難しいかもしれません。

ITエンジニア未経験の場合は、どのような目標を設定すれば良いのか、どのようなスキルを身につけるべきなのかなど、迷ってしまうこともあるでしょう。

そのような時は、実際にITエンジニアとして働いている方や、ITエンジニアのキャリアに精通した専門家に相談してみてください。

未経験の方がITエンジニアを目指す際にやっておくべき3つの対策

未経験からITエンジニアに転職する場合、キャリアプランを考えることは重要です。

しかし、未経験の方がITエンジニアを目指す際には、それ以外にもやっておくべき対策がいくつかあります。

自分のキャリアプラン実現に必要な資格を取る

自分の知識やスキルを証明するためにも、キャリアプランにあった資格の取得がおすすめです。

未経験からITエンジニアへの転職を目指す方は、知識やスキルを身につけているか証明できないため、企業に採用されにくいかもしれません。

そこで、自分のキャリアプラン実現に必要な資格を取得しておくことで、知識やスキルが身に付いていることを証明しやすくなります。

例えば、システムエンジニアを目指す場合、ネットワークの基礎知識が身につけられるCCNAの資格や、Linux OSの基礎知識を身につけられるLPICレベル1の資格がおすすめです。

資格取得に向けた学習の中で、IT業界に関する基礎知識も身につきます。まずは簡単な資格から挑戦し、挑戦する資格のレベルを上げていきましょう。

ITエンジニアの交流会や勉強会で人脈を作る

ITエンジニアの交流会や勉強会に参加すると、実際にITエンジニアとして働いている方やITエンジニアへの転職を目指す方と交流できます。

実際にITエンジニアとして働く人たちとの会話で、ITエンジニアという職業や業界について、漠然としたイメージしかなかった方も、仕事に対する考え方や仕事のやり方について、具体的なイメージを持てるでしょう。

また、自分に足りない知識やスキルを把握できるため、自分自身を客観的に評価できる機会にもなります。

さらに、人脈を作っておくことで、仕事の依頼や就職・転職に繋がる紹介を受けられる可能性も高まります。

自分の手本となる人を見つける

自分の手本となる人を探すことは、ITエンジニアとしてのキャリアプランを実現させるためにとても重要です。

手本となる人の活躍や成功を見ると、自分も頑張ろうと思えるモチベーションになり、さらなる成長も見込めます。

手本となる人を探す際には、自分が目指しているITエンジニアとして活躍している方や、自分と同じような経験をしている方を選ぶと良いでしょう。

できるだけ自分と似た経験をしている方を選ぶと、より具体的な目標や行動をイメージしやすくなります。

手本となる人を探す方法としては、SNSでITエンジニアとしての情報を発信している方や、ITエンジニアの交流会や勉強会に参加して見つけるのが良いでしょう。

ITエンジニアのキャリアプランで迷った時はTECHHUBキャリアサポートへ

ITエンジニアとしてのキャリアプランは、さまざまです。

自分に合ったITエンジニアの働き方を調べたり、必要な知識やスキルを明確にしたりするのは、ITエンジニア未経験の方にとっては容易ではありません。

また、未経験の業界で5年・10年後のキャリアプランをいきなり考えるのも難しいでしょう。

まずは、自分の強みや興味、将来の目標などを整理するために、専門家に相談してみませんか?

TECHHUBキャリアサポートでは、元IT人事経験者があなたにぴったりのキャリアプランを提案します。

また、求人紹介からスクールの支援、履歴書作成のサポートや面接対策など内定後まで安心のトータルサポートも受けていただくことができます。

キャリアに悩んでいる方は、ぜひ一度TECHHUBキャリアサポートのカウンセリングを受けてみてください。

ITエンジニアとしてのキャリアをサポートします。

記事監修

未経験からITエンジニアへの就職/転職、キャリア・スキルアップを支援|IT人材業界歴15年|ITエンジニア➤IT人材営業➤IT人材サービス責任者(TECHHUB)

目次