40代からITエンジニアになれる?未経験でもITエンジニアへ転職するための方法

40代からでもITエンジニアへ転職はできる?チャレンジする価値はある?

近年IT関連の技術が急速に発展している背景から、ITエンジニアの需要は増えており、40代未経験でITエンジニアに転職したいと考えている方も多い傾向にあります。

しかし、ITエンジニアは様々な専門知識を要する業界で、求められるスキルや知識も多岐にわたります。

そのため、「未経験かつ40代でITエンジニアへの転職は無理なのでは?」と不安になることも多いでしょう。

このページでは、40代かつ未経験からITエンジニアを目指す方に向けて、そもそも転職は無理なのか、大変と言われる理由や40代からITエンジニアになる方法を詳しく解説します。

今後のキャリア設計に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

目次

40代のITエンジニア転職は不可能ではない

40代未経験でのITエンジニア転職は、難易度は高いものの、不可能ではありません。

ITエンジニア業界への転職は若手が有利になることはたしかですが、少子化問題によって新卒者の総数が減少傾向にあり、そもそも若手の人材が不足している背景があります。

40代は若手と比較すると社会人経験も長く、様々な業種で働いた経験を持つ方も多いです。

人材不足の問題と若手にはない社会人経験の長さから、未経験であっても前職との共通点や各業種で培った知識や経験をアピールポイントとして活かせるため、転職できる可能性があります。

さらに最近ではAI技術の発展も凄まじく、「AIエンジニア」というAIを業務に活用できるよう開発を行なう人材の需要も急速に増えています。

しかし、人材不足の背景から今後も需要と供給のギャップは開き続けると予測されているため、経験を活かして転職できる可能性はあるでしょう。

またDX(デジタルトランスフォーメーション)という、ITなどのデジタル技術を用いて企業の課題解決や経営戦略を考える人材も需要が高まっています。

もちろん、DX人材にもIT技術に関する知識は必要ですが、同時にリーダーとしてDXを成功に導く役割もあり、マネジメントスキルが求められるため、社会経験を多く積んだ40代が有利になることもあります。

このように、業界全体で人手不足になっている背景と、経験が求められるDX人材の需要が高いことから、40代未経験での転職は決して無理ではないと言えるでしょう。

40代ITエンジニア転職が難しいと言われる理由3つ

40代未経験でもITエンジニアを目指すことはできますが、大変な選択であることも理解しなければなりません。

ここでは40代のITエンジニア転職が難しいとされる以下3つの理由について、詳しく解説します 。

40代のエンジニア転職が難しい理由
新しい技術の取得が欠かせないから体力の衰えを感じやすいから企業側が積極的に採用を行っていないから

表から分かる通り、企業は40代の転職者に対して体力面や新技術に順応できるかどうかを気にしています。

採用には相応のコストがかかりますので、教育後も長く会社に勤めてくれる若手が有利になる業界です。

しかし、各項目において対応策を練ることができれば練れれば、転職できる確率も上がるでしょう。

新しい技術の取得が欠かせないから

IT業界では常に最新の情報や技術を扱いながら仕事を進めていく必要があります。

新しいシステムやアプリが出るたび、内容を理解して業務に活かしていかなければなりません。

苦労してやっと使えるようになったアプリでも、すぐに使われなくなってしまうリスクがあるのがIT業界です。

覚えることも多く、システムが苦手な方は苦戦しやすい傾向にあります。年齢層で比較しても、最新版システムやアプリへの順応は40代より若者のほうが有利です。

常にアンテナを張って最新の情報をキャッチし、学び続ける能力が求められます。

ただ、新しい技術に興味があり、常に学び続けられる姿勢を維持できるなら、年齢関係なくチャレンジできるでしょう。

体力の衰えを感じやすいから

ITエンジニアはデスクワークが基本です。

同じ体勢で長時間作業する場合も多く、目・肩・腰に負担がかかるため、体に支障をきたす可能性があります。

特に40代となると、働くためには体への負担も考慮しなければならず、体力の衰えによって仕事が続けられないリスクもあることを理解しておきましょう。

20代と比較してしまうと、体力面では劣ってしまうのが現実です。

さらに、IT業界ではシステム障害等で緊急の対応が必要になり、夜勤や休日出勤での対応を求められる場合もあります。

若者には耐えられる環境であっても、40代では翌日の仕事に支障をきたすこともあるでしょう。

せっかく転職できても体力が原因で続かない場合はまた別業種での仕事を考えなければならず、企業にとっても懸念材料となってしまいます。

体力が重要になるIT業界で40代が働くには、日頃から体のメンテナンスや適度な運動を心がけることをおすすめします。

企業側が積極的に採用を行なっていないから

40代と20代を比較した時、伸び代が期待できるのは20代と判断されるため、企業側が40代を積極採用していないのが現実です。

人材育成の観点からも、新卒で入社した場合は10年経っても30代前半ですが、40代からの10年だと定年退職を意識する年齢になります。

企業としても、採用コストをかけて獲得した人材には少しでも長く自社で働いてほしいため、40代だと不利になってしまうのは仕方のないことです。

ただし、業界全体で人手不足に陥っており、マネジメント能力を持ったDX人材の需要が高まっている今、40代に全くチャンスがないわけではありません。

年齢を考えると難易度が上がるものの、他業種での経験や若手にはない社会人経験を武器に転職できる可能性はあるでしょう。

40代からITエンジニアになるための4ステップ

IT業界へチャレンジする場合、何から始めれば良いか分からない場合も多いでしょう。

ここでは、未経験でもIT業界にチャレンジしたい40代の方向けに、ITエンジニアになるための以下4ステップを紹介します。

未経験でも、自分の現状を把握して戦えるスキルを見つけ、面接の対策をしつつ勉強を進めるなど、転職に近づくために取り組むべきことがたくさんあります。

年齢関係なくチャレンジしたいと考える方は、各ステップを理解して対策を練っておきましょう。

1.現(前)職の経験を棚卸しする

ITエンジニアに40代未経験でチャレンジする場合、まずは現状の把握が大切です。

自分の強みを正しく理解するために、どのような経験を積んできて、習得したスキルは何か棚卸しをしましょう。

経験を棚卸しする作業は、アピールポイントを探す作業でもありますので、未経験の業界に転職する時は必須の作業です。

ITエンジニア経験がない場合でも、関連業界での知識があればアピールできる可能性は大いにあります。

また、社会人経験が長いからこそ若手にはないコミュニケーション能力や、進捗管理スキルやマネジメントスキル、顧客ニーズを把握する力などを持っている場合は強みになります。

管理能力が高いのは若手と差別化する良い武器になりますので、しっかりとアピールしましょう。

2.企業研究をする

スキルの棚卸しが終わったら、気になる企業と業界を徹底的に研究します。

ホームページを見れば企業が求める人材の記載があったり、すでに入社している方の経歴が載っていたりするので、研究時の参考にしましょう。

企業が求める人物像が分かれば、自分が今持っているスキルを照らし合わせることで、アピールできるポイントも見えてきます。

アピールポイントが増える分、転職にも有利になるので、企業研究は時間をかけて行なうのがベストです。

万が一足りない部分があったとしても、知識は身につけられるので学んでカバーしましょう。

現在はネットなど様々な媒体で情報を得られるので、研究と並行して学習すると良いでしょう。

3.面接対策

企業研究が終われば、合否を左右する面接の対策に移りましょう。

本番でどのような質問が来るのかを想定し、事前に回答を準備しておくとスムーズに受け答えできます。

未経験での応募となるため、現状どれ程の知識があるのか、なぜ興味や関心があるのかは質問される可能性が高いです。

また、入社後にどんなITエンジニアになりたいのかは答えられるようにしておくと、入社後のキャリアを具体的に描けていると判断され、印象も良くなります。

回答内容だけでなく、表情やハキハキとした答え方など、面接中の態度についても事前に見直しておきましょう。

スマホなどで動画撮影を行なって自分を客観視すると、直すべきところもしっかり把握でき、面接のレベルも上がっていきます。

4.準備と並行して勉強する

業界未経験とはいえ、最低限の知識がないと転職は厳しくなりますので、面接対策を行ないつつITエンジニアに必要な言語を学ぶことをおすすめします。

一般的には書籍やYouTube、オンライン講座、プログラミングスクールに通う方法があります。

しかし、転職時はやることが多く、仕事をしながらの講座受講やスクールに通うのは現実的ではありません。

40代未経験エンジニアの年収は300万〜400万円

40代・未経験でのITエンジニアの平均年収は、300万円~400万円程度が一般的です。

月収で表すと、20万円~25万円程度が目安となるでしょう。

ITエンジニアはスキルが収入に反映されるため、長く働きつつスキルアップを続けると収入は上がっていくでしょう。

また、開発だけでなくクライアントとの打ち合わせやスケジュール管理まで任されるようになると、収入も上がります。

40代では過去にマネジメント経験がある場合が多いため、ITエンジニアのスキルと掛け合わせて上流工程の職種へ移っていけると良いでしょう。

IT業界は他業種と比べても年収が高い傾向にあるため、努力次第では未経験からでも十分に高収入を狙える業界です。

常に学ぶ姿勢を忘れずスキルアップに努めれば、自ずと収入も上がっていきます。

まとめ

40代未経験でも、常に学び続けられる姿勢であればITエンジニアへの転職は無理ではありません。

また若手が優遇されやすい業界ですが、40代は社会経験が豊富なため、若手にはない強みを活かして転職できる場合も十分にあります。

初めての業界にチャレンジするのは不安も大きいと思いますが、アンテナを張って最新情報をいち早くキャッチすることが求められますので、覚悟を持って取り組みましょう。

目次